自由なデザインを名刺業者に依頼!印刷に関するノウハウ

名刺

名刺印刷におけるデータの注意点

握手

社会人になれば、必ず使うことになる名刺ですが、切らしてしまった場合や、新しい名刺に変更する時には印刷会社にデータを納品して新しく発注する機会もあると思います。ただ単に印刷業者にデータを送るだけなので、簡単だと思うかもしれませんがこのデータの納品は意外と間違う人が多く、印刷した名刺がイメージと違ってまた一から印刷をし直さなくてはいけなくなったということもしばしばです。今回はそんな事態を防ぐために名刺印刷における印刷データの注意点について説明します。
会社の名刺データのほとんどがデザインソフトで作成されていると思いますが、ここで気をつけて欲しいのが、カラーです。カラーにはRGBカラーとCMYKカラーの2種類があるのですが、名刺のように実際に用紙に印刷をする場合にはCMYKカラーを使用しなければ行けません。RBカラーは主にWEB上でのカラーですので、RGBカラーで作成したデータを名刺印刷しようとすると画面上で見た色とは違った色合いになることがあり、イメージと違った名刺を印刷してしまうことになるのです。皆さんも、名刺印刷をされる場合は作成データのカラーに注意をして印刷するようにしてください。

Recommended Article

握手

名刺印刷におけるデータの注意点

社会人になれば、必ず使うことになる名刺ですが、切らしてしまった場合や、新しい名刺に変更する時に…

more

サラリーマン

インターネットで名刺印刷

定期的にたくさんの枚数が必要になる名刺ですが、1年間をふりかえってみたとき、実は意外に名刺印刷…

more

女性

名刺で人柄まで伝えるのはプロのデザイン

「名刺はあなたの顔です」との言葉は今も昔も変わりません。あなたから初対面に渡された名刺は、あな…

more

笑っている人

個人用の名刺印刷で気を付けておきたいこと

今や名刺の作成もインターネットから個人的に発注することができるようになっています。副業などに要…

more